司法試験・予備試験

予備試験をどこよりも分かりやすく解説します

予備試験について
ワカメちゃん
ワカメちゃん
「ワカメの民法が試験科目の資格試験」紹介シリーズ第16弾は、司法試験の受験資格を得るための国家試験である『予備試験』についてです。

予備試験とは

のり男
のり男
弁護士ってかっこいいよなー。俺、弁護士になる!
ハマチさん
ハマチさん
急にどしたっ?!のりおくんって法学部出身だっけ?しかも司法試験って法科大学院出てないと受験できないんじゃなかったっけ?
のり男
のり男
法科大学院ってなんだ?わー!早くも夢が破れたぁっ。
ワカメちゃん
ワカメちゃん
法科大学院を修了していなくても、司法試験を受験できる方法があるんだよ。『予備試験』という国家試験に合格さえすれば、誰でも司法試験を受験する権利がもらえるのだ!
のり男
のり男
予備試験?何それ!
ワカメちゃん
ワカメちゃん
予備試験とは2011年から実施されている国家試験で、正式名称は『司法試験 予備試験』です。(以下『予備試験』と表記します)それでは予備試験について深く掘り下げていきましょう。

司法試験を受験する方法は2つ

弁護士・検察官・裁判官になるには司法試験に合格しなければいけないという事は周知の事実です。その司法試験の受験資格を得る為には、

法科大学院を修了する
予備試験に合格する

この2通りあるルートのうち、①と②どちらかの条件を満たす必要があります。

予備試験は、法科大学院に通わずして司法試験を受験する資格を得ることが出来る国家試験の事で、要は法科大学院に通った人と同等の知識や能力があるのかどうか、を判定する試験です。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
受験資格に制限はなく、誰でも何回でも受験可能なので、社会人はもちろんのこと高校生でもチャレンジ出来ます。

試験は、5月に実施される【短答式試験】を皮切りに、7月に【論文式試験】、10月に【口述試験】という予定で行われ、この3つの試験に順次合格していかなければいけません。

もしも5月に実施される短答式試験に不合格になった場合、7月の論文式試験の受験資格は得られません。短答式試験に合格したとしても論文試験が不合格になれば、10月の口述試験は受けることが出来ません。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
短答と論文に合格したのにもかかわらず、10月の口述試験に落ちてしまった場合、来年度の短答試験と論文式試験が免除になるという事はなく、また5月の短答から受け直しです。

予備試験に合格すると、最終合格発表後の最初の4月1日から5年間の期間(受験期間)において最大5回、司法試験を受験できます。

予備試験はあくまでも司法試験の受験資格を得るための大きな通過点です。その後、司法試験を受験して合格した人は、司法研修所で司法修習を1年間行い、さらに司法修習終了時の試験(二回試験)に合格して初めて法曹資格を取得できるのです。

のり男
のり男
うぅ、大変だなぁ・・・。でもその分やりがいがあるってもんだ!

予備試験のメリットについて

予備試験の合格率は3%から4%と、難易度が非常にハードルが高く狭き門です。

しかし、予備試験と司法試験の試験制度には多くの共通点があり、予備試験ルートの司法試験合格者は2018年度で77.6%と、『予備試験合格者の司法試験の合格率は高い』という結果が出ています。

予備試験の学習で習得した法律知識がダイレクトに生かされ、それが司法試験合格へと必ず繋がっていきますので、この辺りは”予備試験ルート”の大きな利点の一つといえるでしょう。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
予備試験は誰でも何回でも受験できるので、社会人のみならず、法学部在学中から予備試験を受験したり、法科大学院の入試と併願して予備試験を受ける受験生も増えています。

法科大学院とは

法科大学院とは、法曹(弁護士・検察官・裁判官)を養成する専門職大学院で、2019年現在、全国に36校あります。大学の法学部出身者はもちろんの事、他学部の卒業生や4年制大学を卒業している社会人も入学可能です。

大学で法学をすでに学んでいる場合は2年制コース、法学を学んでない場合は3年制コースを受験するのが一般的ですが、法科大学院に進学すると、2年または3年間の在学期間を終了するまでに、およそ200万から600万程度の費用がかかるため、経済的負担が大きいです。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
法科大学院に対し予備試験は時間とお金のコストを節約でき、法科大学院ルートに比べて経済的負担が少なくて済みます。

予備試験と法科大学院の違い

司法試験受験資格を得る方法
予備試験ルート法科大学院ルート
条件予備試験に合格する事法科大学院を修了する事
費用受験費用
17,500円
(スクール費用)
学費
200~600万
期間最短1年間で司法試験受験資格を得れる法学を学んだ人は2年・未修者は3年
概要学歴年齢不問、何度でも挑戦可4年制大学を卒業又は卒業する見込みがある人

法科大学院ルートの新コース

法学部を3年で早期卒業したあと法科大学院に2年通う新コース『法曹コース』の創設が閣議で決定しました。2019年度以降から入学する学生を対象に現在各大学が準備を進めています。

法科大学院を修了するまで最短5年となるこの新たな法曹コースの実現により、大学の学費が1年分節約でき、順調にいけば1年早く実務につき経験を積むことも出来ます。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
法曹コースは、大学を3年で卒業する早期卒業の要件が必要で、例えば成績が優秀であること、さらに3年次までに必要単位を三年次までに取得していることなどの条件が揃わなければいけません。

予備試験の概要と日程

試験
日程
2019年度
【短答】5月19日(日)
【論文】7月14日(日)・15日(月)
【口述】10月26日(土)・27日(日)
受験
資格
学歴年齢不問
誰でも受験出来ます
受験料17,500円
願書受付期間2019年1月21日(月)~
2月1日(金)まで
試験
方法
筆記試験・口述試験
予備試験 試験科目
【短答式試験】・民法、商法、民事訴訟法
(1時間30分)

・憲法、行政法(1時間)
・刑法、刑事訴訟法(1時間)
・一般教養科目(1時間30分)
【論文式試験】
2日間
・憲法、行政法(2時間20分)
・刑法、刑事訴訟法(2時間20分)
・一般教養科目(1時間)
・法律実務基礎科目
【民事・刑事】(3時間)

・民法、商法、民事訴訟法
(3時間30分)
【口述式試験】
2日間
①法律実務基礎科目 (民事)
②法律実務基礎科目 (刑事)
合格
発表
【短答】2019年6月6日(木)
【論文】2019年10月10日(木)
【最終】2019年11月7日(木)

予備試験を受ける方へ

予備試験は誰でも受験することが出来る上に、受験回数に制限がありません。早いうちから自分に合った効率の高い学習方法を取り入れて、予備試験にチャレンジすることが得策です。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
ちなみに法科大学院ルートの方も予備試験の受験は例外ではありません。

大学の法学部在学中に法科大学院の入試対策として予備試験の勉強を行い、予備試験と法科大学院を併願で受験したり、法科大学院に通いながら予備試験を受験したりと、たとえその時に予備試験に合格が出来なくても、後々の司法試験受験の際に予備試験の勉強の経験が生きてくるはずです。

万が一予備試験に不合格になり、法科大学院ルートに進むことになったとしても、予備試験は司法試験と試験の科目や出題形式においても重なる部分が多くあるため、予備試験の知識がプラスになる事はあっても不利になる事は一切ありません。

予備試験合格はハードルが高いのも事実ではありますが、社会人も法学部の学生も、法曹への第一歩として積極的に予備試験対策から始める方がメリットが多いといえるでしょう。

予備試験をより詳しく知るためのおススメ書籍

ここまでで、予備試験の概要を掴んで頂けたかと思います。予備試験のことをもっと詳しく知りたいという方に向けて、おススメの書籍を3冊紹介致します。

司法試験・予備試験 この勉強法がすごい!』は、『公認会計士有資格者jijiたんが予備試験ルートで司法試験に合格したブログ』で同じみの、勉強法を知り尽くしたjijiたん(平木太生先生)が書かれた本です。2019年1月に発売されました。

試験に合格するかどうかは勉強方法次第。勉強方法を変えれば人生が変わる。」という合言葉のもとに、jijiたん自身が実践していた”予備試験を一発突破して司法試験に合格した45の勉強法と、科目別攻略法”が紹介されています。

勉強法の本というと構えて読んでしまいそうですが、この本はjijiたんさんの実体験に基づいてなるべく平易な言葉で紹介してくれているので、読み進めていくうちに「もっと知りたい!」という気持ちになって、ドンドンとページをめくっていきたくなる内容になっています。

予備試験の”勉強法”を知るために、まず始めに手に取りたいおススメの1冊です。

司法試験予備試験に独学合格する方法』は、弁護士であり、「資格スクエア」の代表を務める鬼頭政人先生が書かれた本です。

司法試験・予備試験の概要から、短答式・論文式試験を突破するため詳細な情報までが書かれており、この1冊の中に、予備試験に合格するための必要なことが全て網羅されています。

この本では、合格するためには”自学自習”をすることが大切だと述べられています。予備試験に合格するには、“正しい勉強法”で、”効率よく”、”学習を継続”することが大切です。勉強計画を立てる段階から本試験を受けるまでの各タームで意識すべきポイントが分かりますので、学習を進める際に大変参考になると思います。

伊藤真が教える司法試験予備試験の合格法』は、司法試験・予備試験を始めとした法律系資格試験予備校大手「伊藤塾」の代表を務める伊藤真先生が書かれた本です。

司法試験・予備試験を知り尽くした受験界のカリスマである伊藤真先生が、予備試験を受験するメリットや、最短ルートで合格するための効率的な勉強法などを詳しく紹介しています。

また、初学者が知っておくべきこと(予備試験では、どのような問題が出題されるのか、どのような人が合格するのか、科目別攻略法etc.)を、最新の情報を交えて解説しています。

予備試験に合格するには?

予備試験は3%~4%の合格率という超難関試験です。よって資格予備校に通ったり、スマートフォンなどで学べる通信(オンライン)講座などを利用するのが一般的です。

特に、自分のペースで学習を進めて行けるオンライン講座は、忙しい社会人でも働きながら隙間時間を利用して勉強が出来ますし、経済的負担も軽くて済むのでお勧めです。

予備試験の受験者向けに各オンライン資格スクールが様々な学習プランを打ち出しており、『予備試験に1年で合格出来る講座、『149,800円で予備試験合格へ導いてくれる講座、『たった5期で100名以上の合格者を出した講座などもあります。

あわせて読みたい
予備試験講座 通信予備校比較
『予備試験講座』通信・オンライン予備校3社比較まとめこれまでに、通信・オンライン予備校の予備試験講座として、『資格スクエア』さん・『アガルート』さん・『スタディング』さんの予備試験講座をご...

最近では、予備試験短答式試験の過去問やテキストを学習したAIが、本試験で出題される問題をまとめた予想問題集なども開発されています。

予備試験の合格基準と同水準の出題予測的中率60%を記録している予備試験担当試験の模試『未来問』は、資格予備校大手の『資格スクエアが開発しました。*『論文編未来問』は申込受付中です(価格500円)お早めに!

このような最先端技術を駆使して作られた模試などもどんどん活用して予備試験にチャレンジしてもらいたいなと思います。

あわせて読みたい
予備試験版未来問無料提供開始
予備試験『未来問』無料提供は4/29から!AIの活用で短答式の的中率6割を目指す(資格スクエア)資格試験予備校の『資格スクエア』は、4月29日(月)10時に予備試験短答式試験の『未来問』を無料提供することを発表しました。 ...
あわせて読みたい
資格スクエア『未来門』予備試験論文
資格スクエアが『未来問』予備試験論文編を500円でリリース!短答式の的中率は6割。活用するっきゃない!資格試験予備校の『資格スクエア』は、予備試験『未来問』の論文編をリリースしました。 ※『未来問』は、AI(人工知能)が過去問を学習...
ワカメちゃん
ワカメちゃん
2020年度の予備試験合格を目指す方は、2020年4月1日から施行される改正民法の対策も忘れてはなりません。

2020年以降に実施される予備試験は、改正民法に基づき出題されますので、今までの現行民法を学習された経験がある方も、独学または各スクールの改正民法講座などを受講するなどして、変更点や重要なポイントを把握し、対策を万全に整えておいてください。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
今回は司法試験を受験するための権利を与えられる『予備試験』についてご説明しました。次回もまた民法が試験科目の試験についてご紹介します!

予備試験のすべて[司法試験 予備試験トップページ]


行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ