資格紹介

『敷金診断士試験』を分かりやすく解説します

敷金診断士
ワカメちゃん
ワカメちゃん
「ワカメの民法が試験科目の資格試験」紹介シリーズ第12弾は、敷金診断士についてです!

敷金診断士とは?

ワカメちゃん
ワカメちゃん
敷金診断士は、不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルの解決を図るスペシャリストです。

敷金診断士とは、不動産賃貸の終了時の退去立ち合いや敷金・保証金の返還のトラブルの解決を図る専門家として、特定非営利活動法人日本住宅性能検査協会が認定する民間資格です。

敷金には原状回復のための費用も含まれていますが、貸主と借主のどちらが原状回復費用を出さないといけないかは曖昧です。本当は借主が払わなくていい費用まで請求され、トラブルになるケースが多くあるのが現状です。

のり男
のり男
賃貸物件退去時の原状回復トラブルがあまりに多いことから、『通常損耗』『経年劣化』による原状回復費は”借主が負担する必要はない”ということを、2020年施行の改正民法で明文化されました。
あわせて読みたい
改正民法 621条 原状回復
改正民法~第7弾~第621条賃貸借の『原状回復』について 改正前民法においては、敷金と同様に、原状回復に関する法律上の規定はありません。 ...
あわせて読みたい
敷金・原状回復トラブル
宅建士の仕事vol③~『賃貸編』原状回復トラブルを防ぐ退去時の立ち合い業務宅建士のお仕事シリーズvol③では、賃借人が賃貸物件を退去する際の立ち合い業務についてです。賃貸借契約修了時における『敷金』や『原状回復...

今現在、消費敷生活センターに多く相談が寄せられる敷金のトラブルを回避すべく、敷金診断士は、原状回復費用の査定をして、借主が払わなくていい費用、払わないといけない費用を計算して適正な金額での敷金を返還してもらうようにします。

敷金診断士の診断書を提示することにより、貸主に納得してもらえるといったことが多く、近頃は敷金が大幅に返還されるケースも増えてきているようです。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
敷金診断士に依頼した方のほとんどが、貸主側の最初の金額より、高い敷金を返還されているようです。

※「敷金診断士」は法務大臣認証ADR期間である(一社不動産仲裁機構)の実施するADRの調停人基礎資格の認定を受けています。敷金診断士の資格保有者の方は、「ADR 調停人研修」を受講することで、ADR 調停人となることができ、敷金トラブルに関するADR 業務を実施することができます。

試験の内容・試験日程・受験料

敷金診断士試験は、7割の正答をもって合格と判断します。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
敷金診断士試験の概要を見てみましょう。
敷金診断士試験

試験申込日程 2019年3月18日(月)~ 2019年4月18日(木)
試験日:2019年4月8日(月)~2019年4月21日(日)
2019年6月3日(月)~2019年6月16日(日)
試験時間:1時間30分
受験資格:誰でも受験できます。年齢、性別、学歴等に制限はありません。
受験料:7,800円
会場:全国約200ヵ所のCBT試験(※)会場にて実施の予定です。※CBT試験とは: ネットワーク化された全国200会場を超えるテストセンターにて、コンピューターを使用し実施する試験です。
試験科目:CBT四肢択一式50問90分
【法令系科目】
民法、借地借家法、消費者契約法、区分所有法、宅建業法、品確法、民事訴訟法、標準賃貸契約書、その他建物賃貸に関わる法令及び判例
【建築系科目】
建築物の構造及び概要、建築物に使用されている主な材料の概要、建築物の部位の名称等、建築設備の概要、建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令、建築物の劣化、修繕工事の内容及びその実施の手続きに関する事項

筆記試験に合格すると、敷金診断業務において業務上必要となる知識を習得するための講習を受講します。実施時間・方法等については、試験合格者に別途案内があります。

のり男
のり男
2019年の試験は偶数月の年6回もあるんだなぁ

敷金診断士試験を受ける方へ

賃貸需要がますます高まる中、不動産賃貸における敷金・保証金を巡るトラブルは今後も増加すると思われます。今後さらにトラブルが増えるということは、敷金診断士の需要もますます増えて、敷金の専門家である敷金診断士として活躍の場が益々広がると予想されます。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
不動産仲介会社・管理会社の経営者、従業員の方や不動産・建築会社に勤務している方のスキルアップのためには欠かせない資格となりそうですね。

退去時の正当な原状回復費用が分かることによって賃貸物件の入居者から深く感謝されるだけでなく、不動産オーナーからも厚い信頼を寄せられることでしょう。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
今回は敷金診断士試験の概要についてご紹介しました。次回もまた民法が試験科目の資格試験についてご紹介します!



行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ