予備校の比較

『L・A(エル・エー)』宅建講座の評判は?色々調べてまとめてみた2019

LA(エルエー)宅建講座

宅建講座で有名オンライン予備校(通信予備校)は、『資格スクエア』『アガルート』『フォーサイト』『スタディング』『クレアール』『オンスク』『スタケン』『L・A(エル・エー)』『LEC(東京リーガルマインド)』などがあげられます。

それぞれに特色があって、受講生の間ではどれも評判が良く、毎年高い合格率で合格者を輩出しています。

マリモさん
マリモさん
本サイト民法ラボには、『資格スクエア』さん『アガルート』さん『フォーサイト』さん『スタディング』さん『クレアール』さん『オンスク.JP』さん『スタケン』さんの宅建講座を詳細に紹介した記事があります。今回はこの中から、『スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】』さんを紹介します!

今回はこの中から、『L・A(エル・エー)』さんを紹介します![/chat]

L・A(エル・エー)』の宅建講座の特徴は、①講義は全てオンライン、②必要十分な量でコンパクト設計された講座、③充実した3つの質問制度、④始めやすい料金48,000円、⑤受講料が最大半額返ってくる『合格祝賀返金制度』、⑥天満宮の合格祈願鉛筆が貰える!、の6つが挙げられます。

それでは早速見ていきましょう!

マリモさん
マリモさん
L・A(エル・エー)』の2019宅建速学合格コースは、オンライン受講の基本クラスが通常価格¥48,000(税込)ととても低価格な上、合格時に受講料の最大半額が返金される制度もあります!

詳しくはエル・エーの公式ページでチェックしてみてくださいね!

ハマチさん
ハマチさん
システマティックに構築されたカリキュラムは無駄がなく&分かりやすくてとにかく凄い!

必要十分な学びの量を順を追って学習できる学習効率を追求したエル・エーの講座、ぜひご確認ください!

『L・A(エル・エー)』とは?

L・A(エル・エー)は、通学講座を廃止してオンライン講座に絞ることでコストダウンを図り、質の良い講座を画期的に安い受講料で提供していることで有名です。

これまでの受講生の数は20,000名を突破している、実績のあるオンラインスクールです。

L・A(エル・エー)のオンライン講座は、スマホ・タブレットに完全対応、音声ダウンロードが標準装備なので、通勤時間や家事をしながらなど、いつでもどこでも、好きな時間・好きな場所で学習することができます。

L・A(エル・エー)「2019宅建速学合格コース」には、宅建試験の知識習得に必要な講義がすべて含まれています。価格は独学+α程度の48,000円。過去に受験経験はあるけど思うような結果が出なかった方、これまで独学でしか宅建の勉強をしたことがない方にもお薦めです。

「2019宅建速学合格コース」申込みページへ>>

2019宅建速学合格コース(全35回/合計60時間)

L・A(エル・エー)』の宅建講座は、講義30回・答練5回、全35回/計60時間。

「満点は必要なく合格点を目指す」というコンセプトのもと、あれもこれもと詰め込みすぎず、出題可能性の低い項目は省略されています。重要項目をピンポイントに押さえたことで、コンパクトかつ十分な学習量の講座になっています。

過去の出題から徹底的に合格に必要な情報だけに絞り込みつつも、厚みのあるカリキュラムで合格に十分な知識と解答力を身に付けることができます。


L・A(エル・エー)』の宅建講座のカリキュラムに則って学習をすることで、自然と合格への学習サイクルに乗っかって勉強することができます。

合格への学習サイクルとは、「講義を受ける」→「習った内容をしっかり復習する」→「問題集を解いて学んだ内容をアウトプットする」→「アウトプットで間違えた部分を見直す」というサイクルです

L・A(エル・エー)』の宅建講座は、全35回/計60時間とコンパクトな量なので、復習や問題集を解く時間を十分に取ることができます。また、ボリューム・難易度ともに段階的に上がっていくので、初めに難しいことをし過ぎて勉強に挫折するといったことはありません。

マリモさん
マリモさん
宅建士試験の出題範囲は広範ですが、色々と手を広げて沢山のことを覚えようとするのは得策ではありません。『L・A(エル・エー)』の宅建講座は合格に本当に必要な内容に絞られているので、効率よく必要十分な勉強量で合格できるように思いました。

L・A(エル・エー)宅建講座のおすすめポイント

マリモさん
マリモさん
ではここから、『L・A(エル・エー)』の宅建講座のおすすめポイントを詳しくみていきたいと思います!

[↓↓ 宅建講座説明会の動画 ↓↓]

講義は全てオンライン!音声ダウンロードも可能!


L・A(エル・エー)』の全ての講義は、パソコンやスマートフォン・タブレットで視聴することができます。視聴回数には制限がないので、受講期間中は何度でも視聴可能です。1.5倍速の早送り再生もできるので、復習の際には、時間を短縮して講義を視聴することができます。

また、講義音声がダウンロードできるので、ダウンロードすれば通信環境の整っていない場所でもリスニング学習ができます。

通勤・通学時間などの”スキマ時間の活用”や、家事をしながらの”ながら学習”がしやすいシステムになっています。

教材は市販の基本書や問題集を効果的に組み合わせて使用

L・A(エル・エー)』の宅建講座の教材は、市販の基本書や問題集を効果的に組み合わせたものを使用します。

2019年度は、住宅新報社の『パーフェクト宅建』シリーズを中心に構成されています。

ハマチさん
ハマチさん
スクールオリジナルのテキストじゃないのは、なんでだ?

スクールのオリジナルテキストは、スクールの特色を出せる一方で、内容の偏りや見やすさに難がある場合もあります。その点、市販のテキストは書店で吟味されて購入されることが前提なので、万人受けする内容になっています。

L・A(エル・エー)』では、市販のテキストに分かりやすい映像講義をプラスすることで、より深い理解が得られるようにしています。

マリモさん
マリモさん
パーフェクト宅建』シリーズは受験生にとても好評なテキストですね。そこに講義が加わったら、鬼に金棒ですね!

講師は宅建試験のプロフェッショナル

L・A(エル・エー)』宅建講座の講師は、大手出版社の宅地建物取引士講座、マンション管理士講座などで後進指導を長年行ってきた山口朝重講師です。

山口講師の講義は、↓で視聴できます。

Web・郵送・電話、充実した質問制度

質問は、Webシステムで24時間いつでも送ることができます。届いた質問は講師に転送されて、後ほど直接講師から回答が返ってきます。

ハマチさん
ハマチさん
講師が回答してくれるから安心だなぁ。

また、教材中に含まれている質問カードを郵送で送ることもできます。

マリモさん
マリモさん
Webで質問しにくいことは、手書きの質問カードで質問できるので安心ですね!

さらに、学習中の疑問点に対しては、エル・エーの専門スタッフが電話で回答してくれます。受講生であれば誰でも無料で利用できます。

マリモさん
マリモさん
これだけ質問制度が充実していたら、学習に不安を覚えることはなさそうですね!

始めやすい料金

L・A(エル・エー)』の「2019宅建速学合格コース」の受講料は、48,000円!

独学+アルファの受講料で、全35回/計60時間の分かりやすい講義や教材がついてくるので、とってもお得ですね。

ハマチさん
ハマチさん
公式ページに、「給料1か月分は必要ありません、旅行1回分で大丈夫です」と書いています笑。

受講料は分割払いも可能です。初回2,335円 + 月々2,321円×23回の計24回払いで支払うことができます。

「2019宅建速学合格コース」申込みページへ>>

最大半額の受講料返金の『合格祝賀返金制度』


L・A(エル・エー)』の「2019宅建速学合格コース」を受講して、2019年度の宅建士試験に合格すると、祝賀金として、最大で受講料の半額が返金されます!

ハマチさん
ハマチさん
最大半額返金!!しかし”最大”ってのが気になる。
マリモさん
マリモさん
合格体験記提出で30%、+写真提出で半額が返金されるみたい!詳細は公式の合格祝賀返金制度のページでも確認してみてくださいね。
ハマチさん
ハマチさん
合格したら、実質24,000円で講座を受講することができるってことか!

合格祝賀返金制度のページへ>>

他資格受講生割引制度・コース再受講半額割引制度

エル・エーで、以前に行政書士講座等の他のコースを受講されていた方は、「2019宅建速学合格コース」を10%割引で申し込むことができます。(=他資格受講生割引制度)

また、万が一、『L・A(エル・エー)』の「2019宅建速学合格コース」を受講して不合格となってしまった場合は、翌年度の同一コースを50%割引で受講することができます。(=コース再受講半額割引制度)

天満宮の合格祈願鉛筆が貰える!

L・A(エル・エー)』から、宅建講座の全受講生に天満宮の合格祈願鉛筆がプレゼントされます。

ハマチさん
ハマチさん
試験に合格するには日々の絶え間ぬ努力が必要ですが、最後の最後は神様を味方につけることも必要かもしれませんね。
マリモさん
マリモさん
私は友人から貰った合格祈願鉛筆をずっと使っていました。その鉛筆を使うことで、いつもそばで応援してくれているような気持ちになって、とても心強かったです。

『L・A(エル・エー)』宅建講座まとめ

L・A(エル・エー)』の特徴をまとめます。

L・A(エル・エー)の特徴

講義は全てオンライン

必要十分な量でコンパクト設計された講座

充実した3つの質問制度

始めやすい料金48,000円

受講料が最大半額返ってくる『合格祝賀返金制度

天満宮の合格祈願鉛筆が貰える

マリモさん
マリモさん
L・A(エル・エー)』の宅建講座は、全35回で計60時間と、コンパクトに設計されているので、合格に必要な知識だけを効率よく習得できると思います。講義を受けながら、復習や問題演習の時間も十分にとれそうですね。Web・郵送・電話といった3つの質問制度が用意されているので、学習していて疑問に思ったところはすぐに解決できそうです。
ハマチさん
ハマチさん
L・A(エル・エー)』の宅建講座は、48,000円。安すぎても不安だし、高すぎたらそもそも申し込めないし、ちょうどいい感じの価格だなと思いまいた。合格したら最大半額が返金されるから、実質24,000円で受講できますしね!合格祈願鉛筆は精神的支えになりそうですね。

今回は、『L・A(エル・エー)』の宅建講座をご紹介しました。『L・A(エル・エー)』公式ページへのリンクを貼っておきますので、気になった方は公式ページで詳細をチェックしてみてくださいね!

「2019宅建速学合格コース」公式ページへ>>
(クリックすると、『L・A(エル・エー)』宅建講座のトップページが開きます。)

「2019宅建速学合格コース」申込みページへ>>
(クリックすると、『L・A(エル・エー)』宅建講座の申込みページが開きます。)

合格祝賀返金制度のページへ>>
(クリックすると、『L・A(エル・エー)』の合格祝賀返金制度ページが開きます。)

あわせて読みたい
資格スクエア 宅建講座
『資格スクエア』宅建講座の評判は?色々調べてまとめてみた2019宅建士試験の勉強方法は、一昔前までは、予備校に通って講座を受講する、通信教育を受講する、独学で勉強するの3つが主でした。 しかし近...
あわせて読みたい
アガルート 宅建講座
『アガルート』宅建講座の評判は?色々調べてまとめてみた2019宅建講座で受講生の間で評判が良く、毎年高い合格率で合格者を輩出しているオンライン予備校(通信予備校)には、『資格スクエア』『アガルート』...
あわせて読みたい
フォーサイト宅建士講座2020改正民法対応
『フォーサイト』宅建講座(2020年 改正民法対応)の評判は?宅建講座で有名オンライン予備校(通信予備校)は、『資格スクエア』『フォーサイト』『スタディング』『クレアール』『オンスク』『スタケン』『...
あわせて読みたい
『通勤講座』宅建士
『スタディング』宅建講座の評判は?色々調べてまとめてみた2019・2020宅建講座で有名オンライン予備校(通信予備校)は、『資格スクエア』『アガルート』『フォーサイト』『スタディング』『クレアール』『オンスク』...
あわせて読みたい
クレアール 宅建講座
『クレアール』宅建講座の評判は?色々調べてまとめてみた2019宅建講座で有名オンライン予備校(通信予備校)は、『資格スクエア』『アガルート』『フォーサイト』『スタディング』『クレアール』『オンスク』...
あわせて読みたい
『オンスク』宅建講座
『オンスク』宅建講座の評判は?色々調べてまとめてみた2019宅建講座で有名オンライン予備校(通信予備校)は、『資格スクエア』『アガルート』『フォーサイト』『スタディング』『クレアール』『オンスク』...
あわせて読みたい
『スタケン』宅建講座
『スタケン』宅建講座の評判は?色々調べてまとめてみた2019宅建講座で有名オンライン予備校(通信予備校)は、『資格スクエア』『アガルート』『フォーサイト』『スタディング』『クレアール』『オンスク』...
あわせて読みたい
LEC東京リーガルマインド宅建士講座
【通学・通信】『LEC(東京リーガルマインド)』宅建士講座が凄い!【実力派講師陣】今回は、『LEC(東京リーガルマインド)』の宅建士講座をご紹介します。 2018年度の宅建士試験では、『LEC』の2018年度宅建...
あわせて読みたい
宅建士通信(オンライン)予備校9社まとめ
宅建講座通信(オンライン)予備校9社まとめ本サイト民法ラボでは、これまでに『資格スクエア』、『アガルート』、『フォーサイト』、『スタディング』、『クレアール』、『オンスク.JP』...

宅建士総合ページ
[ 宅建士試験トップページへ ]


行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ