改正民法

改正民法虎の巻~第5弾~自筆証書遺言の法務局保管制度

改正民法 自筆証書遺言の法務局補完制度

今回は、「自筆証書遺言の法務局保管制度」について学びます。

のり男
のり男
第2弾の配偶者居住権の記事の最後で言ってたやつだな!今回もよろしく頼むぜ!
ワカメちゃん
ワカメちゃん
改正民法と同時に成立した「法務局における遺言書の保管等に関する法律」の内容ですね。楽しみです。

「法務局における遺言書の保管等に関する法律(平成30年法律第73号)」は、平成30年7月6日に成立し、同年7月13日に公布されました。

この法律が施行されることにより、自筆で書いた遺言書を法務局で預かって貰うことが出来るようになります。相続人は法務局に対して、被相続人の遺言書を預かっているか否かを問い合わせすることができます。

自筆証書遺言とは?

自筆証書遺言とは、遺言者が遺言書の全文、日付、氏名、を自書し、これに押印することで成立する遺言です。これらのうち一つでも欠けると、遺言は無効になります。

自筆証書遺言は、公証役場での手続がないので、費用を安く抑えて作成することができます。また証人を用意する必要がなかったり、遺言内容を秘密に出来たり、書き直しや修正が自由に出来たりする点にメリットがあります。

しかし一方で、書き方を間違えると遺言全体が無効になったり、紛失・改ざんのおそれや、亡くなった後に遺言書が発見されなかったりするデメリットがあります。

自筆証書遺言の法務局保管制度とは?

先に述べたように、自筆証書遺言は手軽に作成できる反面、紛失・改ざんのおそれや、遺言書が発見されないといった問題点がありました。

そこで今回の法改正では、自筆証書遺言の保管を安全・確実にし、相続人が遺言書を見つけやすくするために、法務局で自筆証書遺言を保管する制度が新設されました。

被相続人:自筆証書遺言を作成し、法務局へ保管する

法務局へ自筆証書遺言を保管しようとする者は、まず自分で自筆証書遺言を作成します。作成したら、自らの住所地又は本籍地、又は所有している不動産の所在地を管轄する法務局へ自筆証書遺言を持っていきます。

のり男
のり男
住所地でも本籍地でも不動産の所在地でもいいなら、近くの法務局を選ぶことが出来るし便利だな。

法務局へ自筆証書遺言が提出されると、本人確認や遺言が法律上の形式的要件を満たしているかが確認されます。問題がなければ、法務局で提出した遺言が保管され、保管された遺言がデータとして記録されます。

相続人:遺言の有無の確認や閲覧をする

被相続人が死亡した場合、相続人は、被相続人が遺言書が法務局に保管されていないかの有無を確認します。遺言はデータ化されているので、データ化された遺言は全国どこの法務局でも確認することが出来ます。

ただし、原本を閲覧するには、その遺言書が保管されている法務局で確認しなくてはなりません。遺言の確認が行われると、法務局からすべての相続人に対して、遺言書が法務局で保管されていることが通知されます。

このようにして、法務局の保管制度を利用することで、紛失や発見されないといった恐れのあった自筆証書遺言のデメリットを解消することができます。

財産目録をパソコンで作成してもOKに!

自筆証書遺言には、遺言書の”全文を自書”するという要件があります。全文には、もちろん財産目録も含まれます。財産を沢山持っている人が財産目録を手書きでかくのは、相当な労力を要します。

そこで今回の法改正では、自筆証書遺言のうち、財産目録に限っては自書を要せず、パソコン等で作成して印字したものが、遺言の一部として認められることになりました。また、預金通帳のコピー等を添付することも可能になります。

あわせて読みたい
968条自筆証書遺言:条文解説
【民法968条】自筆証書遺言とは?(わかりやすい条文解説) 自分が死んだ時に自分の財産はどうなるのでしょう?はたまた親が亡くなった時の遺産の整理はどのように...
こんぶ先生
こんぶ先生
以上、自筆証書遺言の法務局保管制度についての解説でした。
ワカメちゃん
ワカメちゃん
こんぶ先生!ありがとうございました。次回もお楽しみに!
あわせて読みたい
2018年記事ランキング改正民法・条文解説
【2018年】よく読まれた記事ランキングその1~改正民法・条文解説編~民法は、法を仕事にする方や法律系の資格試験を目指す方だけではなく、一般の方にとっても最も身近な法律です。民法は2020年に改正法の施行が...
あわせて読みたい
どうかわる?債権法:改正民法虎の巻
改正民法虎の巻~第1弾~いつどう変わる?債権法2020年4月1日から民法が変わります なぜ民法が改正されるの? 明治時代から比べると、社会も経済も私たちの生活も、随分と様変わ...
あわせて読みたい
「改正民法」虎の巻~第2弾~配偶者居住権
改正民法虎の巻~第2弾~配偶者居住権 2018年7月6日に改正民法の一環として「配偶者居住権」が参院本会議で可決・成立しました。配偶者居住権とは、“故...
あわせて読みたい
改正民法虎 瑕疵に代わる新語 契約不適合
改正民法虎の巻~第3弾~『瑕疵』に代わる新語『契約不適合』2020年4月以降、改正民法が施行されると『瑕疵担保責任』という言葉が条文からなくなります。でも瑕疵担保責任という言葉が条文から消えても...
あわせて読みたい
相続人以外の親族の「特別寄与請求権」
改正民法虎の巻~第4弾~相続人以外の親族の『特別寄与料請求権』 このように、現行の法律では、高齢の義父母を介護していたとしても、子の妻(義理の娘)が義父...
あわせて読みたい
改正民法 自筆証書遺言の法務局補完制度
改正民法虎の巻~第5弾~自筆証書遺言の法務局保管制度今回は、「自筆証書遺言の法務局保管制度」について学びます。 「法務局における遺言書の保管等に関する法律(平成30年...
あわせて読みたい
改正民法 敷金
改正民法虎の巻~第6弾~賃貸借の『敷金』に関する取り扱い改正前民法においては、敷金に関する規定が存在しません。 実務においては判例をもとに、それぞれの解釈による曖昧な取り扱いをされてきた...
あわせて読みたい
改正民法 621条 原状回復
改正民法虎の巻~第7弾~第621条賃貸借の『原状回復』について 改正前民法においては、敷金と同様に、原状回復に関する法律上の規定はありません。 ...
あわせて読みたい
改正民法465条の2 個人根保証
改正民法虎の巻~第8弾~465条の2賃貸借契約における保証人の極度額設定の義務化(個人根保証)について2020年施行の改正民法において、個人が賃貸借契約の連帯保証人になる場合、保証人が負担する最大の限度額を書面等で定めていなければ無効、と...



行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ