民法条文解説・語呂合わせ

【民法7条】後見開始の審判(わかりやすい条文解説)

7条後見開始の審判 条文解説

先日大阪市内の成年後見人であった行政書士が、業務上横領容疑などの疑いで事情聴取されたようです。管理をしていた高齢者である被後見人の預金1000万円と、行政書士会支部の会費数百万円を着服したようです。

こんぶ先生
こんぶ先生
本来、成年後見の制度は、お年寄りや、モノゴトの判断が難しい方を守るために設けられた制度です。
のり男
のり男
その制度を悪用して犯罪を犯すなど言語道断だな。
ワカメちゃん
ワカメちゃん
行政書士の品格を著しく下げる最低の行為ですね

後見人の担い手不足解消のために、市民後見人の養成研修をする自治体もあります。

高齢社会の現代日本においては、後見人不足を解消するためには有効な取り組みだと思いますが、前述のような事件が起こらないためにも、知識や技術だけでなく、人間性も加味した総合的な人材育成をしていただきたいですね。

冒頭で後見制度に関するニュースをお伝えしましたが、そもそも後見の開始はどのようにして行われるのでしょうか。

こんぶ先生
こんぶ先生
今回は、後見開始の審判についての条文を見ていきたいと思います。

民法7条 後見開始の審判

7条 精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、後見開始の審判をすることができる。

民法7条では、成年後見を開始するための要件について規定しています。

事理を弁識する能力とは、意思能力のことです。意思能力とは、自らがした行為の結果を判断することができる精神的能力のことを言います。

こんぶ先生
こんぶ先生
意思能力については、こちらで説明していますので、ご参照ください。

意思無能力者は、ものごとを正常に判断できませんので、単独で法律行為を行うと不測の損害を被る恐れがあります。

そこで、意思無能力者を保護するために設けられたのが、成年後見の制度です。

例えば、認知症の方、重度の知的障害・精神障害を持つ方に、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求によって、後見開始の審判を開始することができます。

こんぶ先生
こんぶ先生
「することができる。」とありますが、実際には事理を弁識する能力を欠き、請求者が家庭裁判所に審判を請求すると、必ず後見開始の審判をすることになります。
のり男
のり男
へー、そうなんだ。

後見開始の審判で後見を受ける人を「成年被後見人」、後見をする人を「成年後見人」と呼びます。

成年被後見人が単独でした法律行為は無効となります。成年後見人には同意権がありませんので、たとえ成年後見人の同意を得てした行為であっても無効です。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
成年後見人に同意権がないことに関する問題は、過去問で頻出ですね!

ここで、「事理を弁識する能力を欠く」とありますが、「未成年後見人」「未成年後見監督人」も家庭裁判所に審判の請求ができることには注意が必要です。

未成年者は必ずしも意思無能力者ではありませんが、未成年であるあいだに適切な保護を行い、未成年者が成人したときにスムーズに(元)未成年が財産管理を行えるようにする意図があります。

穴埋め条文問題

7条 精神上の障害により事理を弁識する能力を( ① )常況にある者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、( ② )、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は( ③ )の請求により、後見開始の( ④ )をすることができる。


①欠く ②四親等内の親族 ③検察官 ④審判

ワカメちゃん
ワカメちゃん
成年後見人の立場を悪用して、被後見人のお金を着服していたというニュースは、悲しいことに定期的に耳に入ってきますね。
のり男
のり男
ほぼ全ての後見人が真面目にやっているのに、こういった事件があると、真面目にやっている後見人まで品位を疑われることになり迷惑だよな。
こんぶ先生
こんぶ先生
本当に。のり男君の言うとおりですね。
あわせて読みたい
宅建講座 通信(オンライン)まとめ
宅建講座通信(オンライン)予備校8社まとめ本サイト民法ラボでは、これまでに『資格スクエア』さん、『アガルート』さん、『フォーサイト』さん、『スタディング』さん、『クレアール』さん...
あわせて読みたい
行政書士7社まとめ
行政書士講座通信(オンライン)予備校7社まとめこれまでに、『資格スクエア』さん、『アガルート』さん、『フォーサイト』さん、『スタディング(旧:通勤講座)』さん、『クレアール』さん、『...
あわせて読みたい
司法書士 通信講座 比較まとめ
初学者向け『司法書士』通信講座5社比較まとめこれまでに、初学者向けの司法書士講座として、『アガルート』さん、『東京法経学院』さん、『資格スクエア』さん、『スタディング』さん、『クレ...
あわせて読みたい
『司法書士』通信講座4社比較
中上級者向け『司法書士』通信講座4社比較まとめこれまでに、通信予備校の中上級者向け司法書士講座として、資格スクエアさんの『【2020年向け】司法書士既学者向け 合格パック』、アガルー...



行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ