平成30年過去問

司H30[問23](5) 相続人の不存在

司法書士:平成30年度過去問

相続人の捜索の公告期間内に相続人としての権利を主張する者がなかった場合において,その後に相続人のあることが明らかになったときは,相続人は,特別縁故者が相続財産の分与を受けた後の残余財産を相続する。


〈正解〉

×

〈参考条文〉

【958の2】前条の期間内に相続人としての権利を主張する者がないときは、相続人並びに相続財産の管理人に知れなかった相続債権者及び受遺者は、その権利を行使することができない。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ