書籍・マンガ

宅建独学テキストは『らくらく宅建塾』をおすすめします

宅建士試験独学おすすめテキスト口コミと評判
こんぶ先生
こんぶ先生
私は独学で宅建士試験に合格しました。

宅建士試験は、独学でも十分に合格可能な試験です。民法ラボの合格体験記に登場して頂いたカジメさんハマチさんマリモさんも独学で合格されました。

現在は、独学で勉強するのに適した市販のテキストが沢山発売されています。しかし、沢山あるからこそ、どのテキストを選んで良いか迷ってしまうのも事実だと思います。

今回は、私が受験時代に実際に使っていたテキストを紹介したいと思います。

こんぶ先生
こんぶ先生
私が受験時代に使っていたテキストは、『らくらく宅建塾』です。カジメさんも『らくらく宅建塾』を使って合格されましたので、カジメさんと一緒に『らくらく宅建塾』を紹介したいと思います。
カジメさん
カジメさん
宜しくお願い致します。
あわせて読みたい
21歳大学生 カジメさん宅建士合格体験記
『宅建士試験』合格体験記”カジメさん”今回の「のり男の合格体験記紹介」は、大学生で宅建士試験に一発合格したカジメさん(仮名)の合格体験記です。 カジメさ...

私が『らくらく宅建塾』を選んだ理由

こんぶ先生
こんぶ先生
宅建士の試験勉強を始める前に、本屋さんに行って口コミで評判の市販のテキストをいくつか見てみました。『らくらく宅建塾』は、表紙がポップな感じで目についたので、中をパラパラ見てみたところ、他のテキストよりとっつきやすい印象を受けました。「これなら途中で挫折せずに読み進められそう」と思い選びました。
カジメさん
カジメさん
私は、ネットで独学に適したテキストを探していたところ、『らくらく宅建塾』を使用して合格したという人が沢山いたので、このテキストを使うことにしました。購入サイトのレビューでも評価が高かったです。

『らくらく宅建塾』のいいところ

こんぶ先生
こんぶ先生
らくらく宅建塾』をおすすめしたい理由を紹介します。

初心者目線

らくらく宅建塾』は、初学者でも分かりやすいように、全て初心者目線で丁寧に解説されています。難しい法律用語はなるべく使わないようにしていて、法律を初めて勉強する人でも無理なく読み進められる内容になっています。

カジメさん
カジメさん
らくらく宅建塾』は、単なる暗記ではなく、”理解して”覚えることを重視しています。単に暗記するだけでは、近年難化傾向にある宅建士試験に合格することは難しいと思います。
こんぶ先生
こんぶ先生
そうですね。覚えることだけまとまっている要点整理のような本は、一見すると短時間で効率的に覚えられて良く見えるかもしれませんが、「なぜそうなるのか?」という本質を理解することが難しいので、初学者が独学で初めに手にする本としてはおすすめしません。

講義形式

らくらく宅建塾』は、講義形式で進んでいき、あたかも講義を受けているようなライブ感を感じながら読めるので、途中で飽きることなく読むことができます。また、単調な文章の説明ではなく、分かりにくいところやまとめ等をイラストや図を使って説明しているので、記憶にも残りやすくなっています。

ゴロ合わせが豊富

らくらく宅建塾』は、本文だけで十分に理解が深まる内容になっているのですが、さらに暗記に役立つゴロ合わせも豊富に紹介されているので、一度覚えたことをゴロ合わせで記憶に定着させることができます。

解説量が必要十分で最適な量

らくらく宅建塾』は、1つのテーマの解説が、浅すぎることも細かすぎることも無く、必要十分な最適な量であることも、『らくらく宅建塾』をおすすめしたいポイントの一つです。説明が足りないテキストは論外ですが、説明が細かすぎるテキストも考え物です。受験生としては、最短ルートで必要な知識だけをインプットしたいはずです。あれもこれも載っているテキストは、結局どこが重要なのかが分かりずらくなってしまうので、受験生の負担が大きくなってしまいますのでおすすめできません。

カジメさん
カジメさん
大学で必須教材だった学者本が、まさにそんな感じだったな…。全然読む気が起きなくてページを開いてすぐに眠気が襲ってきました(笑)

説明にメリハリがある

らくらく宅建塾』の説明には”メリハリ”がしっかりとあります。頻出論点や重要なところはズバと分かりやすく詳細に説明されています。頻出論点ではないけれども、知っておいた方が良い論点はさらっと解説されています。

こんぶ先生
こんぶ先生
メリハリをつけて勉強することはとても重要です。覚えることが沢山ある宅建士試験の内容を、全部を同じレベルで覚えようとするとパンクしてしまいます。『らくらく宅建塾』は、論点の重要度が見極めやすくなっているテキストです。

親しみやすさがある

らくらく宅建塾』は、抜群な親しみやすさがあります。いわゆる教科書的な硬い説明ではなく、終始くだけた話言葉で噛み砕いた解説がされているので、スッと頭に入ってきます。「勉強=堅苦しい本を読まないといけない」というイメージを持っている人もいると思いますが、『らくらく宅建塾』は、こうした概念を打ち砕いてくれるテキストです。

過去問集と連動している

らくらく宅建塾』は、テキストだけでなく過去問とも連動した『らくらく宅建塾』シリーズを発売しています。『らくらく宅建塾』のテキストと過去問をセットで使うことで、テキストで学んだ内容をすぐに過去問で解くことができますし、過去問を解いた後にテキストの該当ページをすぐに参照できるようになっています。

こんぶ先生
こんぶ先生
テキスト⇔過去問を往復して理解を深めていくことはとても重要です。インプットとアウトプットをバランスよくこなしていくことで、効率よく学習を進めることができます。
カジメさん
カジメさん
私もテキストと過去問を頻繁に行き来していました。過去問を解いた後に、参照したいページがすぐに分かる『らくらく宅建塾』シリーズは、該当ページを探す時間の短縮にもなってとても良かったです。

『らくらく宅建塾』のいいところ まとめ

最後に、『らくらく宅建塾』のいいところをまとめて紹介します。

いいところまとめ

初学者目線の解説で、法律が初めての人でも抵抗なく学べる

講義形式なので、飽きることなく読み進められる

ゴロ合わせが豊富で記憶に定着しやすい

1テーマの解説量が必要十分で最適な量

メリハリのある解説で、論点の重要度が分かりやすい

親しみやすい言葉でスッと頭に入ってくる

こんぶ先生
こんぶ先生
今回は、私が受験生時代に使って良かった宅建士試験の独学におすすめのテキストとして『らくらく宅建塾』を紹介しました。

民法ラボでは、比較対象のために『らくらく宅建塾』以外の有名な市販テキストも勿論読んでいます。有名な市販テキストは、予備校や出版社などの受験のプロが作成しているので、分かりやすく、それぞれにそのテキストの良さがあります。しかし、宅建士試験の受験生を応援する立場として公平に他のテキストと比べてみても、先にまとめたように『らくらく宅建塾』は独学に一番適したテキストだと思います。

独学のテキスト選びの参考にしてくださいね。


2019年版 らくらく宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

あわせて読みたい
宅建講座 通信(オンライン)まとめ
宅建講座通信(オンライン)予備校8社まとめ本サイト民法ラボでは、これまでに『資格スクエア』さん、『アガルート』さん、『フォーサイト』さん、『スタディング』さん、『クレアール』さん...
あわせて読みたい
2018年記事ランキング 宅建士試験
【2018年】よく読まれた記事ランキングその2~宅建士試験編~前回は、『改正民法・条文解説』に関する記事で、2018年に良く読まれた記事を紹介致しました。今回は、『宅建士試験』に関する記事で、201...
あわせて読みたい
AIが考えた宅建士問題集『未来門』
宅建『未来問』の的中率は78%!AIの登場で勉強方法が変わる?宅建士試験の勉強は、予備校に通って勉強するにしても、独学で勉強するにしても、過去問を解いて理解を深めることは共通した勉強法だと思います。...
あわせて読みたい
書籍紹介 マンガで理解する宅建士
【独学】マンガで理解する宅建士試験(おすすめテキスト5冊)宅建士試験に興味はあるけど、何から始めたらいいか分からないといった方もいらっしゃるかもしれません。今回は、そういった方に向けて、気軽に読...
あわせて読みたい
資格試験紹介:宅建士
『宅建士(宅地建物取引士)試験』を分かりやすく解説します 宅地建物取引士とは? 宅建士とは、不動産の取引をする際に、お客様が知っておくべき重要事項を説明する仕事をする人です。重要事...

宅建士総合ページ
[ 宅建士試験トップページへ ]


行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ