合格体験記

『相続診断士試験』合格体験記”人魚さん”

40歳税理士 人魚さんの相続診断士合格体験記

今回の「のり男の合格体験記紹介」は、相続専門の税理士として働きながら、1回目の挑戦で相続診断士試験に合格した人魚さん(40歳、仮名)の合格体験記です。

のり男
のり男
人魚さん、宜しくお願い致します。
人魚さん
人魚さん
宜しくお願い致します。
ワカメちゃん
ワカメちゃん
相続診断士試験については、ワカメの「民法が試験科目の資格試験紹介」で詳しく紹介していますので、良かったら読んでみてくださいね!
あわせて読みたい
資格試験紹介 相続診断士
『相続診断士試験』を分かりやすく解説します 相続診断士とは? 相続診断士は、相続の基本的な知識を身につけて相続診断ができる資格です。 遺産相続は誰にでも起こりうることな...

以下、人魚さんのインタビュー記事です。

相続診断士試験を目指したきっかけ

私は相続専門の税理士として働いています。今の業務にプラスアルファして、相続に関してトータルで相談に乗れる税理士を目指して、相続診断士を受けようと思いました。

のり男
のり男
相続専門で税務をされているなら、相続診断士の資格は付加価値になりそうですね。
人魚さん
人魚さん
そうですね。相続に関する税務には詳しいのですが、税務以外の周辺知識、特に家族法を勉強する必要性を感じて相続診断士の取得を決意しました。

勉強期間について

試験の約3カ月前から勉強を始めました。相続診断士は、試験日を自分で設定できるので、勉強を始めた時は、テキストとDVDが届いてから1カ月後に試験を受けようと思っていました。でも勉強を始めてからすぐに、仕事がとても忙しくなったり、子供の学校行事等で勉強する時間がとれなくなりました。

そのような理由から相続診断士の勉強は一旦中断し、仕事や生活が落ち着いてから勉強を再開しました。再開してから約1カ月後に試験を受けました。

のり男
のり男
相続診断士試験は、自分の状況に合わせて試験日を設定できるのがいいですね。
人魚さん
人魚さん
はい。税理士試験は1年に1回で、その日に向けて1年間のスケジュールを組んで、試験前はどんな状況であろうと猛勉強をしないといけなかったので、自分の都合に合わせて試験日を決められるのは、子育てや働きながら受験する私にはとてもありがたかったですね。

勉強法について(テキスト・問題集)

教材は、受験料を支払い後に協会から送られてくるテキストとDVDだけを使用しました。あと、協会のホームページで練習問題が公開されているので、それを解きました。

税に関する範囲は、今の業務に直結していることもあって易しい印象でした。民法相続編に関しては、断片的に家族法の知識は持っていたので、テキストの内容は一読するだけでスッと頭に入ってきました。精度を高めるために、テキストを複数回読みました。

人魚さん
人魚さん
民法の相続編に関する範囲は、今の業務に必須の内容なのですが、税理士試験には民法が試験科目にありません。これまで必要に応じて勉強はしていたのですが、この試験を受けることで体系的に学ぶことが出来て良かったです。

ここで私のテキストの読み方を紹介したいのですが、初めて講義を聴いたりテキストを読んだりした時に、蛍光マーカーでキーワードや重要ポイントをマークされる方がいらっしゃいますが、私は、テキストには蛍光マーカーは一切使用しませんでした。

キーワードや重要ポイントに蛍光マーカーを引くと、そこが大事なことが分かりやすくなって良いとは思うのですが、私はテキストを何回も読み込んで理解していく勉強をするので、何度も繰り返し読んでいるうちに、「この基礎中の基礎の知識は、もう目立ってくれなくていいよ」という感じになってしまうからです笑。

相続診断士試験は試験に出ることが全部テキストに書いてあるので、テキストに書いてあることは全部重要だと思って、テキストを丸覚えする気持ちで読んでいました。京大芸人のロザンの宇治原さんも、「教科書に書いてあることは全部重要だから教科書に線を引かない」と言っているのを聞いて、「あ、私と一緒だ。私のテキストの読み方は間違っていないんだな。」と思いました。

人魚さん
人魚さん
ちょっと話はそれますが、ロザンの菅さんが書いた『身の丈にあった勉強法』という本は、ユニークな勉強法が紹介されていて面白いですよ。芸人さんが書いた本なので文章が軽快で、勉強に関する本なのに楽しんで読むことができます♪

問題は、テキストで読んだ内容が、ちゃんと頭に入っているか確認する意味で、テキストの各章が終わる毎に解いていました。

勉強時間・勉強場所

勉強時間は、勉強を再開してから1カ月間で毎日大体1日1時間半~2時間くらいでした。通勤電車でテキストを読んだり、家事を済ませて子供が寝てから勉強をしていました。

のり男
のり男
仕事をしながら子育てや家事をしながら勉強するのは大変でしたね。
人魚さん
人魚さん
そうですね。でも、税理士試験のように合否によって人生が左右されるようなプレッシャーは無かったので、そこまで自分を追い込むことなく淡々と勉強をしていました。

試験の直前期と試験当日について

試験の前日にはテキストを初めから終わりまで速読して、全範囲を網羅的に確認しました。ほぼ頭に入っている感覚があったので「明日の試験は大丈夫だろう」と思っていました。

のり男
のり男
しっかり勉強していると、自信に繋がって試験に対する恐怖感みたいなものはなくなるのですね。
人魚さん
人魚さん
そうですね。税理士試験の受験勉強を通して、試験に恐れを抱かないようにするには、ちゃんと勉強して自分に自信を持つことだけだということを学んだので、今回もそのようにしました。

試験の当日は、久しぶりの資格試験だということもあって、少しだけ緊張していましたが、「これ知ってる、これ知ってる」という感じでマウスをポチポチしていたら、30分もかからず全て解答が終わりました。試験時間は60分なので、残りの時間は、見直しをしていました。

合格発表

個人受験だったので、結果はその場ですぐに分かりました。合格でした。合格したことはもちろん嬉しかったのですが、合格するために勉強をしっかりとやっていたので「合格して当然」という気持ちもありました。

人魚さん
人魚さん
「合格して当然」なんて、少し嫌な言い方になってしまってすみません。
のり男
のり男
いえ、「合格して当然」と思える程に精度の高い勉強をされたのは、素直に尊敬します。

これから相続診断士試験の合格を目指す方へ

相続診断士試験は、協会の教材を勉強するだけで合格できます。私はDVDを見て、テキストを繰り返し読んで、問題を解くという当たり前のことだけをしました。

相続診断士の資格を取得したことによって、これまでよりも相続専門の税理士として対外的にアピールできるようになりました。相続業務に携わりたい方や、相続に関わるお仕事をされている方は、専門性を示す材料になると思います。是非頑張って下さい。

インタビューを終えて

のり男
のり男
テキストにマーカーを使わないことや、合格して当然と思えるほど勉強したことが印象的でした。
人魚さん
人魚さん
それは長い税理士試験の受験生活で学びました。勉強している時は大変なことが沢山ありますが、受験勉強を通して学んだことが、その後の人生で役に立つことが沢山あります。
のり男
のり男
そうなんですね。今日は貴重なお話しありがとうございました。

今回は、相続専門の税理士として働きながら、1回目の挑戦で相続診断士試験に合格した人魚さんの合格体験記を紹介しました。

のり男の合格体験記シリーズでは、これからも色々な立場で資格試験に合格した方の体験記を紹介していきます。次回も楽しみにしていて下さいね!

あわせて読みたい
資格試験紹介 相続診断士
『相続診断士試験』を分かりやすく解説します 相続診断士とは? 相続診断士は、相続の基本的な知識を身につけて相続診断ができる資格です。 遺産相続は誰にでも起こりうることな...
あわせて読みたい
40歳税理士 人魚さんの 信託活用アドバイザー
『信託活用アドバイザー試験』合格体験記”人魚さん”今回の「のり男の合格体験記紹介」は、相続専門の税理士として働きながら、相続診断士試験に続いて、信託活用アドバイザー試験に合格した人魚さん...
あわせて読みたい
民法 資格試験 日程
民法が試験科目の資格試験日程まとめ民法は様々な資格試験の試験科目になっています。民法を学習すると、ダブルライセンスやトリプルライセンスを取得しやすくなります。 ...



行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ