平成29年過去問

行H29[問34](4) 不法行為

行政書士:平成29年度 過去問

不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当か否か。

医師の過失により医療水準に適った医療行為が行われず患者が死亡した場合において、医療行為と患者の死亡との間の因果関係が証明されなくても、医療水準に適った医療行為が行われていたならば患者がその死亡の時点においてなお生存していた相当程度の可能性の存在が証明されるときは、不法行為が成立する。


〈正解〉

〇 妥当である

〈参考条文〉

【最判平成12年9月22日】医師が過失により医療水準にかなった医療を行わなかったことと患者の死亡との間の因果関係の存在は証明されないけれども、右医療が行われていたならば患者がその死亡の時点においてなお生存していた相当程度の可能性の存在が証明される場合には、医師は、患者が右可能性を侵害されたことによって被った損害を賠償すべき不法行為責任を負う。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ