平成30年過去問

司H30[問14](ウ) 抵当権の効力

司法書士:平成30年度過去問

AのBに対する金銭債権を担保するために,B所有の甲土地及びその上の乙建物に抵当権が設定され,その旨の登記をした後にCがBから乙建物を賃借して使用収益していた場合に関する次の記述は,判例の趣旨に照らし正しいか否か。(改)

Cが抵当権設定当時から甲土地に設置されていた石灯籠を甲土地から不法に搬出しようとしている場合,Aは,Cに対し,搬出の禁止を求めることができる。


〈正解〉

〈参考条文〉

【87-Ⅱ】従物は、主物の処分に従う。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ