平成29年過去問

司H29[問11](オ) 民法上の担保物権

司法書士:平成29年度過去問

抵当権者は,利息を請求する権利を有するときは,満期後に特別の登記をしなくても,満期となった最後の2年分を超える利息について優先弁済を受けることができる。


〈正解〉

×

〈参考条文〉

【375-Ⅰ】抵当権者は、利息その他の定期金を請求する権利を有するときは、その満期となった最後の二年分についてのみ、その抵当権を行使することができる。ただし、それ以前の定期金についても、満期後に特別の登記をしたときは、その登記の時からその抵当権を行使することを妨げない。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ