民法条文解説・語呂合わせ

【改正民法93条】嘘をついてした契約は有効?無効?(心裡留保:わかりやすい条文解説)

93条心裡留保:条文解説

小さな嘘から大きな嘘まで、また相手のことを思ってつくものなど、日常生活には嘘をつく・つかれるということがあると思います。

少し古い話になりますが、2014年には佐村河内さんのゴーストライター問題や、小保方さんのSTAP細胞問題などもありましたね。野々村議員の号泣会見の発端も、もとは彼がついた嘘が発端です。

のり男
のり男
当時は毎日ニュースでやってたよな。
こんぶ先生
こんぶ先生
今回は、この嘘をついた場合の処理を、民法ではどのように規定しているのかを見てみましょう。
ワカメちゃん
ワカメちゃん
宜しくお願いします!

嘘は原則有効

民法では、この嘘をつく行為を「心裡留保」といいます。

こんぶ先生
こんぶ先生
心の裏に内心を留めておくという意味ですね。

心裡留保は、内心的効果意思(=法律効果を欲する意思)が欠けているので、本来であれば無効であるはずです。

しかし、嘘をついた人が自分が嘘をついていることを知っているのならば、その本人を保護する必要はありません。

ですので、心裡留保は原則有効としています。

ワカメちゃん
ワカメちゃん
嘘をつかれた相手方も、嘘と知らないで信じて契約をしたのに、無効とされてはかわいそうですもんね。

ただし、嘘をつかれた相手方が、嘘であることを知っているか(=悪意)、または知ることができた場合(=有過失)には、相手方を保護する必要はないので、相手方が悪意又は有過失の時は心裡留保を無効としています。

心裡留保の適用範囲は、意思表示の全般に適用されます。ただし、身分行為については無効とされています。

こんぶ先生
こんぶ先生
例えば、結婚の申込み・承諾については、特に本人の気持ちが重視されますし、本人に結婚する気がないので相手方を保護しても仕方がありませんね。

それでは条文を見てみましょう。

民法93条 心裡留保について

条文

民法では、心裡留保について93条で定めています。

民法93条 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。
第2項 前項ただし書の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

第1項 表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、

「表意者」とは、嘘をついた本人のことです。 「その真意ではないことを知ってした時であっても、」は、「嘘ついた時でも」と読み替えられますね。

そのためにその効力を妨げられない。

条文に特有の言い回しが出てきましたね。そのために効力を妨げられないとは、簡単にいうと、有効ということです。

つまり、第一項では「嘘ついた時でも有効」と言っています。

のり男
のり男
へ~、そうやって文章を分けて、簡単な言葉に置き換えて読んだら分かりやすいな~。

ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。

先に説明した通り、相手方が悪意又は有過失であれば無効ですね。

93条全体を通してみると、「心裡留保は原則有効、ただし相手方が悪意又は有過失の時は無効」となります。

第2項 前項ただし書の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

第1項ただし書きで、心裡留保は相手方が悪意又は有過失であれば無効であることを確認しました。

しかし、これを貫き通すと、善意の第三者(何も知らない第三者)が不測の損害を被ることがあります。改正民法では、通謀虚偽表示や詐欺の条文(94条・96条)と同様に、心裡留保にも第三者保護規定が明文化されました。

この規定により、善意の第三者に対しては、心裡留保の無効を対抗することができません。

問題

問題を解いてみましょう。

Q.AがBに土地を売却する意思表示をしたが、この意思表示についてAは本心では売る気がないことを認識しており、かつ、BがAの気持ちを知っていたか知らなかったことにつき過失があった場合は、Aは意思表示の無効を主張できる。○か×か。


〈正解〉

Aは本心では売る気がないので嘘をついています(=心裡留保)。心裡留保は原則有効ですね。しかし、相手方が悪意又は有過失なので、無効になります。無効はAから主張できますので、答えは「○」となります。

続いて、穴埋め条文です。

穴埋め条文

民法93条 第1項、表意者がその( ① )ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。

ただし、相手方が表意者の( ① )を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、( ② )とする。


〈正解〉

①真意 ②無効

終わりに

こんぶ先生
こんぶ先生
今回はここまでになりますが、心裡留保に関連して、これから通謀虚偽表示(94条)や錯誤(95条)を勉強することになります。

そうすると、有効/無効や相手方の善意/悪意の要件がごっちゃになってくると思いますので、この機会にしっかりと条文を覚えておきましょう。

のり男
のり男
はい!心裡留保は原則有効!覚えたぜ!
ワカメちゃん
ワカメちゃん
ただし相手方が悪意又は有過失の時は無効ですね!
あわせて読みたい
宅建士通信(オンライン)予備校9社まとめ
宅建講座通信(オンライン)予備校9社まとめ本サイト民法ラボでは、これまでに『資格スクエア』、『アガルート』、『フォーサイト』、『スタディング』、『クレアール』、『オンスク.JP』...
あわせて読みたい
行政書士講座 予備校8社まとめ
行政書士講座通信(オンライン)予備校8社まとめこれまでに、『資格スクエア』さん、『アガルート』さん、『フォーサイト』さん、『スタディング(旧:通勤講座)』さん、『クレアール』さん、『...
あわせて読みたい
『司法書士』通信講座4社比較
中上級者向け『司法書士』通信講座4社比較まとめこれまでに、通信予備校の中上級者向け司法書士講座として、資格スクエアさんの『【2020年向け】司法書士既学者向け 合格パック』、アガルー...



行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ