合格体験記・新人研修

『司法書士試験』合格体験記”サメ肌さん”

35歳10回のチャレンジ サメ肌さんの司法書士試験合格体験記

今回の「のり男の合格体験記紹介」は、10回目の司法書士試験で合格したサメ肌さん(仮名)の合格体験記です。

のり男
のり男
サメ肌さん、宜しくお願い致します。
サメ肌さん
サメ肌さん
宜しくお願い致します。

サメ肌さん(35歳)は、大学在学中から毎年司法書士試験を受験して、見事10回目の試験に合格されました。

以下、サメ肌さんのインタビュー記事です。

司法書士試験を目指したきっかけ

大学で法学部に通っていたこともあり、将来は法律に携わる仕事がしたいと思っていました。

サメ肌さん
サメ肌さん
法律に興味を持ったのは、子供の頃に見た弁護士のドラマの影響です笑。

ドラマの中の法廷で、依頼人の弁護をする弁護士の姿を見て、単純に「かっこいい」という憧れを持ちました。

高校生の頃に将来の進路を考えた時、子供の頃に見たドラマの中の弁護士の姿を思い出し、将来は弁護士になりたいと思いました。そういう訳で、大学は迷わず法学部へ進むことを決めました。

大学3年生になった頃、将来のやりたい仕事について改めて考えてみました。法律を使った仕事をしたいという思いは継続してずっと持っていました。

でも、私は争い事を好まない性格なので、訴訟業務を主にする弁護士は、私には向いていないのではないか?と思いました。弁護士よりも、争いを未然に防ぐための予防法務を業務とする「街の法律家」である司法書士に興味を持ちました。

司法書士は弁護士に比べると知名度の低い職業だと思います。私も自分が司法書士を志すまでは、司法書士の仕事の内容は詳しくは知りませんでした。しかし司法書士の仕事を調べて知っていくと「家を買う時や会社設立等、人生のターニングポイントとも言えるタイミングで手助けが出来る」とても魅力的な仕事に感じました。

そういった理由から、私は司法書士を目指すことにしました。

のり男
のり男
勉強する前にしっかり職業の内容を調べて司法書士を目指すことにしたのですね!
サメ肌さん
サメ肌さん
はい。弁護士も魅力的な仕事だと思いますが、私には司法書士が合っていると思いました。

合格までの道のり

私が司法書士試験の勉強を始めたのは、大学3年生の初めです。大学3年生になると、皆、就職活動をするか、大学院へ行くかの選択に迫られます。(中には起業したり、海外留学したりする友人もいました。)

サメ肌さん
サメ肌さん
私は就職活動はせずに、勉強に専念して司法書士試験の合格を目指す選択をしました。

予備校に通った理由、使用したテキスト

司法書士試験は国家資格の中でも最難関の資格だと思っていたので、独学という選択肢はなく、1年目は予備校への通学を迷わず決めました。

1年目に通った予備校は、大手の予備校であれば、講義の内容はさほど差は無いと思ったので、場所的な通いさすさと、予備校の雰囲気(事務の方の対応の良さ等)で決めました。

1回目の試験で不合格になった後、2年目から4年目までは予備校に通っていたのですが、5年目から7年目は予備校には通いませんでした。4年も予備校に通っていると、

サメ肌さん
サメ肌さん
「もうインプットも答練等のアウトプットもおなかいっぱい」

という気持ちでした。5年目から7年目は、独学で勉強をしていました。

独学の時に使用したテキストは『司法書士 山本浩司のautoma systemシリーズ』です。独学を始めた当初は、1年目の時からずっと使っていた予備校のテキストを使っていたのですが、4年前のテキストは内容が古くなってしまっている分野もあったので、心機一転する意味でもテキストを新しく買うことにしました。

のり男
のり男
オートマは独学で勉強する人のバイブルですね!

オートマの内容は、私のようなベテラン受験生には物足りないといった声もあるようですが、私はそうは思いませんでした。オートマを使用するまでは、予備校のテキストの内容を満遍なく覚える勉強をしていたのですが、オートマを読むことによって、予備校のテキストに書いている内容の中で、どこが大事な部分なのかが分かるようになりました。

基準点を初めて超えたのは、独学でオートマを使用した年でした。4年目までも真剣に勉強しているつもりでしたが、どこか予備校に通って講義を受けているだけで満足しているような、“受動的”な態度で勉強をしていたような気がします。

のり男
のり男
俺もこんぶ先生の話を聞いているだけで、勉強している気になっていることがあるな。
サメ肌さん
サメ肌さん
はい、私も予備校の講義を聴いているだけで勉強をしている気になっていました。

そのような感じで5年目から7年目までは独学で勉強していたのですが、3年間も独学で一人で勉強をしていると、自分よがりの勉強になってしまっているような気がして、もう一度予備校に通って、全科目を体系立てて勉強したくなりました。そのような理由で、8年目に再び予備校に通うことにしました。

8年目から合格した10年目まで、再び予備校に通いました。今回は「能動的に」予備校を利用しようと思っていたので、講義は毎回1番前の席に座って聴き、分からないことがあれば積極的に先生に質問しました。

のり男
のり男
1年目から4年目に予備校に通っていた時に比べて、積極的な姿勢で講義を受けられたんですね。
サメ肌さん
サメ肌さん
はい、「予備校を使い倒してやろう!」という気持ちでした。

予備校に通っている時は、インプットの教材は予備校のテキストだけを使っていました。予備校のテキストには必要十分なことが書いています。そのテキストに先生の説明を書きこむことで、自分オリジナルの最強の教材を作っていきました。

合格年に使用した問題集

合格年に使用した択一の過去問題集は、『司法書士 山本浩司のオートマ過去問』だけです。

独学を始めた5年目にオートマを使い始めてから、択一の点数が安定してきたのを実感していたので、択一の過去問はオートマだけを繰り返し何度も解いていました。

記述式の問題集は、オートマと予備校の記述式講座の問題を解いていました。オートマの記述式問題は、毎回相当な注意力を求められます。オートマを繰り返し解くことで、問題文のどこに落とし穴があるか勘が働くようになってきました。

サメ肌さん
サメ肌さん
記述式試験は「連想問題」だと思います。

「これが出たら、これを連想」という作業の繰り返しです。オートマで問題を解くことで、注意力と連想力が養われたと思います。

予備校の記述式講座では、基本的なひな型の確認と、順序立てて問題を解く練習をしました。オートマを解くことと予備校の記述式講座を受けることで、記述式試験への苦手意識はなくなりました。

のり男
のり男
試験への苦手意識を感じなくなったら、ひと山越えた感じがしますね。
サメ肌さん
サメ肌さん
はい。でも司法書士試験は、そのひと山を超えてから、何山も越えないといけないのですが笑。
のり男
のり男
「!!!」

勉強時間・勉強場所

私は勉強を始めてから2年目までは大学に通いながらの勉強でした。その時は、勉強は主に予備校の自習室でしていました。勉強時間は、1日5時間くらいだったと思います。

3年目から合格した10年目までは働きながらの勉強でした。勉強は、主に通勤電車の中と、自宅近くの有料自習室でしていました。予備校に自習室があったのですが、予備校は職場と自宅の通勤経路上になかったので、平日の仕事帰りに予備校に行くのは億劫でした。ですので、自宅近くの有料自習室を借りることにしました。

のり男
のり男
予備校代に自習室代に、と、勉強を続けるにはお金が沢山いるんですね。
サメ肌さん
サメ肌さん
はい。お金を払って自習室を借りているので、「元をとるぞ!」という気持ちで、時間のある時はなるべく自習室に行くことにしていました。

合格した10年目の勉強時間は、平日は3時間できれば御の字という感じでした。仕事をしていると、残業や突発的な飲み会とかあって、平日は思うように勉強時間がとれませんでした。休日は大体10時間くらい勉強していました。

大変だったこと

サメ肌さん
サメ肌さん
一番つらかったのは、まわりの視線です。
のり男
のり男
まわりの視線??

勉強を始めた当初は応援してくれていた人達も、何年も落ち続けていると「まだやっているの?」という感じに変わっていきました苦笑。

中にはずっと応援し続けてくれる人もいましたが、試験に落ち続けて自分の心がすさんでいたせいで、そういった人達の応援の言葉も、「どうせ心ではまた落ちると思っているくせに」と、皮肉に感じることもありました。

のり男
のり男
皮肉!!
サメ肌さん
サメ肌さん
自分の無力さを棚に上げて、応援してくれる人に対してそのような気持ちを持っていたことを、今とても反省しています。

「よく10年も諦めずに勉強続けられたね。」と言われることがあります。司法書士を目指したのは大学生の時でしたが、法律に携わる仕事は子供の頃からずっとしたいと思っていたので、自分の中では諦めるという選択肢はありませんでした。仕事をしながらの勉強は精神的にも肉体的にも大変でした。

でも「自分は絶対司法書士になるんだ」と思っていたので、その大変さを乗り越えることが出来たんだと思います

のり男
のり男
絶対合格するんだという気持ちを持って勉強するのは、すべての合格者に共通しているな。

試験の直前や当日は、どんな感じ?

試験には毎年落ちていましたが、試験を受ける前は「今年こそは絶対受かる」という気持ちでいました。

10回も試験を受けていると“試験慣れ”していることもあって、直前期や当日にあたふたするようなことはありませんでした。直前期も淡々と今までやってきたことをやり、試験当日も模試を受けるのと同じような気持ちで受けていました。

合格発表の時は、どんな感じ?

合格発表で自分の受験番号を見つけた時は、

サメ肌さん
サメ肌さん
「え?本当に受かったの?」

という感じで、信じられない気持ちが大きかったです。「嬉しい」というよりは、「これは現実なのか?夢じゃないのか?」という感じでした。

合格を実感できたのは、家族や友人に報告した時に「おめでとう」というお祝いの言葉を沢山いただいた時です。そこでやっと、これは現実なんだと思うことが出来ました。

諦めずに勉強を続けて、本当に良かったと思いました。

のり男
のり男
(合格できて、本当に良かった)

これから司法書士試験の合格を目指す方へ

司法書士試験は、とても難しい試験です。私がそうであったように、生半可な気持ちで勉強していては、いつまで経っても受からないと思います。受験勉強期間が長引くことに何も良いことはありません。時間もお金も(時には友人も)失います。ただ、どんなに苦しい時間を過ごしても、諦めずに勉強を続ければ結果は必ずついてきます。

私は遠回りしましたが、これから司法書士試験を受ける受験生には、早目に自分なりの勉強方法を確立させて、真剣に勉強に臨んで短期間で合格を勝ち取って欲しいと思っています。

インタビューを終えて

のり男
のり男
10年間も諦めずに勉強を続けて合格を勝ち取ったサメ肌さんのお話は、受験勉強に苦しむ受験生にとても励みになったと思います。
サメ肌さん
サメ肌さん
そうですか。インタビューを受ける前は、合格まで10年もかかった私の話など参考になるのか不安でしたが、そう言って頂けて良かったです。
のり男
のり男
サメ肌さん、今日は貴重なお話をありがとうございました。

今回は、10年かかって兼業で勉強を続けて司法書士試験に合格したサメ肌さんの合格体験記を紹介しました。

のり男の合格体験記シリーズでは、これからも色々な立場で資格試験に合格した方の体験記を紹介していきます。次回も楽しみにしていて下さいね!

サメ肌さんが使っていたテキスト↓↓

あわせて読みたい
司法書士オンライン講座まとめ
初学者向け『司法書士』通信講座6社比較まとめこれまでに、初学者向けの司法書士講座として、『アガルート』さん、『東京法経学院』さん、『資格スクエア』さん、『スタディング』さん、『クレ...
あわせて読みたい
『司法書士』通信講座4社比較
中上級者向け『司法書士』通信講座4社比較まとめこれまでに、通信予備校の中上級者向け司法書士講座として、資格スクエアさんの『【2020年向け】司法書士既学者向け 合格パック』、アガルー...
あわせて読みたい
司法書士 合格体験記まとめ
司法書士試験 合格体験記まとめ合格者の体験記には、合格するためのノウハウが沢山詰まっています。様々な環境や立場の方々が合格体験記を書いて下さっていますので、ご自身の環...
あわせて読みたい
司法書士 非常識合格法
『司法書士非常識合格法』を無料でゲットして受験勉強に活かそう今回は、クレアールさんから販売されている書籍『司法書士試験 非常識合格法』の内容をご紹介します。司法書士試験に合格するためには、やみくも...
司法書士 総合ページ

[司法書士試験トップページへ]


行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ