平成29年過去問

行H29[問34](1) 不法行為

行政書士:平成29年度 過去問

不法行為に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当か否か。

景観の良否についての判断は個々人によって異なる主観的かつ多様性のあるものであることから、個々人が良好な景観の恵沢を享受する利益は、法律上保護される利益ではなく、当該利益を侵害しても、不法行為は成立しない。


〈正解〉

× 妥当でない

〈参考条文〉

【最判平成18年3月30日】良好な景観に近接する地域内に居住する者が有するその景観の恵沢を享受する利益は,法律上保護に値するものと解するのが相当である。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ