平成30年過去問

司H30[問18](ウ) 解除

司法書士:平成30年度過去問

売買の目的である土地について第三者が登記をした賃借権を有していたときは,買主は,当該土地の引渡しを受けた時から1年以内に限り,売買契約の解除をすることができる。


〈正解〉

×

〈参考条文〉

【566】売買の目的物が地上権、永小作権、地役権、留置権又は質権の目的である場合において、買主がこれを知らず、かつ、そのために契約をした目的を達することができないときは、買主は、契約の解除をすることができる。この場合において、契約の解除をすることができないときは、損害賠償の請求のみをすることができる。
Ⅱ 前項の規定は、売買の目的である不動産のために存すると称した地役権が存しなかった場合及びその不動産について登記をした賃貸借があった場合について準用する。
Ⅲ 前二項の場合において、契約の解除又は損害賠償の請求は、買主が事実を知った時から一年以内にしなければならない。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ