平成30年過去問

司H30[問16](ア) 詐害行為取消権

司法書士:平成30年度過去問

被保全債権が発生し,かつ,その履行期が到来した後にされた行為でなければ,これについて詐害行為取消権を行使することはできない。


〈正解〉

×

〈参考条文〉

【424】債権者は、債務者が債権者を害することを知ってした法律行為の取消しを裁判所に請求することができる。ただし、その行為によって利益を受けた者又は転得者がその行為又は転得の時において債権者を害すべき事実を知らなかったときは、この限りでない。
Ⅱ 前項の規定は、財産権を目的としない法律行為については、適用しない。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ