平成30年過去問

司H30[問10](ア) 立木の共有

司法書士:平成30年度過去問

A, B及びCが各3分の1の持分の割合で甲土地及び甲土地上の立木を共有している場合の法律関係に関する次の記述は,判例の趣旨に照らし正しいか否か。(改)

A, B及びCが全員で甲土地をDに賃貸した場合,その賃貸借契約を解除するためには,A,B及びCの全員が解除権を行使しなければならない。


〈正解〉

×

〈参考条文〉

【252】共有物の管理に関する事項は、前条の場合を除き、各共有者の持分の価格に従い、その過半数で決する。ただし、保存行為は、各共有者がすることができる。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ