平成29年過去問

司H29[問21](ア) 未成年後見

司法書士:平成29年度過去問

未成年者Aの親権者であるBが死亡したことによりAに対して親権を行う者がなくなったときは,家庭裁判所は,親族その他の利害関係人の請求により,後見開始の審判をすることができる。


〈正解〉

×

〈参考条文〉

【838①】後見は、次に掲げる場合に開始する。

① 未成年者に対して親権を行う者がないとき、又は親権を行う者が管理権を有しないとき。

② 後見開始の審判があったとき。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ