平成29年過去問

司H29[問19](ア) 不当利得

司法書士:平成29年度過去問

利得に法律上の原因がないことを善意の受益者が認識した後に,受益者の保持する利益がその責めに帰すべき事由により消滅した場合には,その受益者の不当利得返還義務の範囲は減少しない。


〈正解〉

〈参考条文〉

【703】法律上の原因なく他人の財産又は労務によって利益を受け、そのために他人に損失を及ぼした者(以下この章において「受益者」という。)は、その利益の存する限度において、これを返還する義務を負う。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ