平成29年過去問

司H29[問15](ア) 非典型担保

司法書士:平成29年度過去問

甲の乙に対する金銭債務を担保するために,甲が丙に対して有する既発生債権及び将来債権を一括して乙に譲渡し,乙が丙に対し担保権の実行として取立ての通知をするまでは丙に対する債権の取立権限を甲に付与する内容の債権譲渡契約について,乙がその債権譲渡を第三者に対抗するためには,指名債権譲渡の対抗要件の方法によることができる。


〈正解〉




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ