平成29年過去問

司H29[問14](エ) 根抵当権

司法書士:平成29年度過去問

元本の確定後においては,根抵当権設定者は,その根抵当権の極度額を,現に存する債務の額と以後2年間に生ずべき利息その他の定期金及び債務の不履行による損害賠償の額とを加えた額に減額することを請求することができる。


〈正解〉

〈参考条文〉

【398の21-Ⅰ】元本の確定後においては、根抵当権設定者は、その根抵当権の極度額を、現に存する債務の額と以後二年間に生ずべき利息その他の定期金及び債務の不履行による損害賠償の額とを加えた額に減額することを請求することができる。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ