平成30年過去問

司H30[問12](エ) 担保物権

司法書士:平成30年度過去問

動産売買の先取特権者は,物上代位の匡1的債権が譲渡され,第三者に対する対抗要件が備えられた後においては,目的債権を差し押さえて物上代位権を行使することはできない。


〈正解〉

〈参考条文〉

【作成中】




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ