平成30年過去問

司H30[問12](イ) 担保物権

司法書士:平成30年度過去問

民法の規定する約定担保物権は、いずれも,優先弁済的効力を有する。


〈正解〉

〈参考条文〉

【342】質権者は、その債権の担保として債務者又は第三者から受け取った物を占有し、かつ、その物について他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。
【362-Ⅱ】前項の質権については、この節に定めるもののほか、その性質に反しない限り、前三節(総則、動産質及び不動産質)の規定を準用する。
【369-Ⅰ】抵当権者は、債務者又は第三者が占有を移転しないで債務の担保に供した不動産について、他の債権者に先立って自己の債権の弁済を受ける権利を有する。
【398の2-Ⅰ】抵当権は、設定行為で定めるところにより、一定の範囲に属する不特定の債権を極度額の限度において担保するためにも設定することができる。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ