平成30年過去問

司H30[問5](ウ) 代理

司法書士:平成30年度過去問

教授:AとBとの間で、Aの代理人としてAの所有する甲不動産をCに売り渡す契約を締結する権限をBに与える委任契約を締結したという事例を前提として、代理について考えてみましょう。Bが、Cからも代理権を授与され、AとC双方の代理人としてAC間の売買契約を締結した場合には、当該売買契約の効力はどうなりますか?
学生:ウ AC間の売買契約は、無効となり、追認することもできません。


正解:×
参考条文:【108】同一の法律行為については、相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることはできない。ただし、債務の履行及び本人があらかじめ許諾した行為については、この限りではない。




予備試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ