平成29年過去問

行H29[問28](5) 錯誤等

行政書士:平成29年度 過去問

錯誤等に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当か否か。

離婚に伴う財産分与に際して夫が自己所有の不動産を妻に譲渡した場合において、実際には分与者である夫に課税されるにもかかわらず、夫婦ともに課税負担は専ら妻が負うものと認識しており、夫において、課税負担の有無を重視するとともに、自己に課税されないことを前提とする旨を黙示的に表示していたと認められるときは、要素の錯誤が認められる。


〈正解〉

〇 妥当

〈参考条文〉

【最判平成元年9月14日】協議離婚に伴い夫が自己の不動産全部を妻に譲渡する旨の財産分与契約をし、後日夫に二億円余の譲渡所得税が課されることが判明した場合において、右契約の当時、妻のみに課税されるものと誤解した夫が心配してこれを気遣う発言をし、妻も自己に課税されるものと理解していたなど判示の事実関係の下においては、他に特段の事情がない限り、夫の右課税負担の錯誤に係る動機は、妻に黙示的に表示されて意思表示の内容をなしたものというべきである。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ