平成29年過去問

司H29[問12](ウ) 抵当権の処分と配当額

司法書士:平成29年度過去問

債務者Aに対する債権者として,A所有の甲土地の第1順位の抵当権者B(被担保債権額600万円),第2順位の抵当権者C(被担保債権額2100万円)及び第3順位の抵当権者D(被担保債権額2400万円)がおり,また,無担保の一般債権者E(債権額400万円)がいる。甲土地の競売による配当金総額が5000万円であったとして,次の記述は正しいか。(改)

BがEに対して抵当権を譲渡した場合のBの配当額は200万円であり,BがEに対して抵当権を放棄した場合のBの配当額は360万円である。


〈正解〉

〈参考条文〉

【作成中】




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ