平成29年過去問

司H29[問6](イ) 貸金債権の消滅時効

司法書士:平成29年度過去問

Aは,Bに対し,返還の時期を平成18年11月1日として,金銭を貸し付けた。この消費貸借契約に基づくAの貸金債権(以下「本件貸金債権」という。)の消滅時効に関する次の記述は,判例の趣旨に照らし正しいか。(改)

Aは,本件貸金債権を担保するため,C所有の土地に抵当権の設定を受けた。Bは,平成27年6月1日,Aに対し,本件貸金債権の存在を承認した。この場合,Cは,平成28年12月20日に本件貸金債権の消滅時効を援用することができない。


〈正解〉

こんぶ先生
こんぶ先生
この場合のCのことをなんといいますか?
ワカメちゃん
ワカメちゃん
物上保証人です。
こんぶ先生
こんぶ先生
そうですね。債務者の承認で消滅時効の中断の効力が生じた場合には、物上保証人はその効力を否定することができません。
のり男
のり男
抵当権には付従性があるから、物上保証人が消滅時効の中断の効力を否定したら、民法396条の趣旨に反するもんな。

〈参考条文〉

【147③】時効は、次に掲げる事由によって中断する。
① 請求
② 差押え、仮差押え又は仮処分
③ 承認

【396】抵当権は、債務者及び抵当権設定者に対しては、その担保する債権と同時でなければ、時効によって消滅しない。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ