平成29年過去問

司H29[問8](ア) 不動産の物権変動

司法書士:平成29年度過去問

A所有の甲土地について,Bの取得時効が完成した後その旨の所有権の移転の登記がされる前に,CがAから抵当権の設定を受けてその旨の抵当権の設定の登記がされた場合には,Bが当該抵当権の設定の登記後引き続き時効取得に必要な期間占有を継続したときであってもCの抵当権が消滅することはない。


〈正解〉

×

こんぶ先生
こんぶ先生
この問いの事例の場合、占有者であるBが抵当権の存在を容認していたなど、抵当権の消滅を妨げる特段の事情がない限りは、Cの抵当権は消滅するとされています。



行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ