平成29年過去問

司H29[問10](オ) 地上権・地役権

司法書士:平成29年度過去問

設定行為により,承役地の所有者が自己の費用で地役権の行使のために工作物の修繕をする義務を負担したときは,当該承役地の所有者は,いつでも,当該地役権に必要な土地の部分の所有権を放棄して地役権者に移転し,その義務を免れることができる。


〈正解〉

〈参考条文〉

【286】設定行為又は設定後の契約により、承役地の所有者が自己の費用でw:地役権の行使のために工作物を設け、又はその修繕をする義務を負担したときは、承役地の所有者の特定承継人も、その義務を負担する。

【287】承役地の所有者は、いつでも、地役権に必要な土地の部分の所有権を放棄して地役権者に移転し、これにより前条の義務を免れることができる。




行政書士試験ブログまとめサイト
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ